【日本語で書かれた説明書が】【An explanatory note about Åland】

Scroll down to content

There was an explanatory note about the Åland which is translated in Japanese in a small shop at the Castelholm. There were also Swedish, Finnish and English ones. I thought it’s because Inazo Nitobe who wrote the Bushido is related with the history of Åland. I was supported to ask this to someone there.

そういえば、カステルホルム城の土産売り場みたいなところに、日本語で書かれたオーランド諸島に関する説明書がありました。公用語である、スウェーデン語、それからフィンランド語、英語、そしてなぜか日本語のものがありました。オーランド諸島の歴史に、新渡戸稲造が歴史に大きく関わっていることが、関係してるのかな。店員さんといろい会話したのに、なんでこのこと聞かなかったんだろ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。