【甘さ控えめが良い】【Not too sweat is the best】

Scroll down to content

今日は学校が終わってから友達を招いて、自分のアパートで夜ご飯を食べた。お菓子の話になって、ドイツから来てる子から「チョコはキンダーが一番」とめっちゃ推されて食べてみた。確かにめっちゃ甘くて美味しかった。チョコ+ミルクで究極に甘くした感じ。でも、やはり甘すぎるなあと思った。彼女は甘すぎるのが好きらしく、言っていることが「美味しさ=甘さ」のように聞こえた。2年前、アメリカへ行った時も、チョコとかその他もろもろのお菓子系はめっちゃ甘かったを覚えている。でもよく日本のテレビとかの食レポとかでは「甘すぎなくて良い」や「甘さ控えめで良い」などといったことを耳にする気がする。日本人は味覚的に、甘すぎない食べ物の方が好きなのかなと感じる1日だった。

Kinderもnutellaも美味しいけど私には甘すぎる。でも美味しいから食べる(笑)。

After my class, I had a dinner with my friends at my place today. After a dinner, we talked about chocolates, then my Germany friend told me that Kinder chocolate is the best and I tried to eat it. It was actually good like too sweat with chocolate and milk. It was also too sweat for me, and she said she loves too sweat chocolate. I feel that I heard like how taste =how much sweat?(I cannot explain about it well). I remember that many chocolates in America were so sweat for me when I went to United States. In Japan, I think it’s said that not too sweat is good, also moderate sweat chocolate is good. I finally felt Japanese people tend to like moderate sweat food not too sweat.

By the way, Kinder and nutella are very good and I like to taste.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。