【林業について】【About the forestry】

Scroll down to content

昨日、おさむさんから林業についていろいろと話を聞いて、帰ってから朝まで映画を見ました。タイトルは「Wood Job!~神去なあなあ日常~ 」。2014年に公開された映画で、去年くらいに映画評論家、町山智浩がラジオで紹介しているのを聞いたくらいで、特に見たことはなかったが、これを機に見てみました。

完全にコメディ映画でしたが、山の神への信仰などといった、古事記や日本書記からきている物語なのかなと、また自分の無知さを感じさせられました。特に深く感じたのが、林業をする人の結果が出るのが100年後、自分が死んでからだということ。100年後のことを考え、信じ、働く、そんな林業に関わる人たちのかっこよさが映画から伝わりました。私はいつか地元、石川県白山市を代表する男になりたい。もっと農林水産に関わる知識や経験もしなきゃ、ダメだと感じました。

I’ve watched the movie “Wood Job!~神去なあなあ日常~” until morning after I came back home. It was produced in 2014, I just heard that a movie critic Tomohiro Machiyama was talking about this movie in the radio, so I just tried to watch it now.

It was all comedy firm but included about faith for the God of mountain that is from the Record of Ancient Matters and Chronicles of Japan. I especially felt that it is deep the result of people who are doing forestry is showed up after 100 years or they die. I understood that they are doing and believing their forestry for  100 years later, which is totally amazing. I want to be a man who represent of my hometown, then I have to get to know and experience more about Agriculture, Forestry and Fisheries.

61rxshyp-wl

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。