【教授のレクチャーを受けて】【Guest lectures by the professors】

Scroll down to content

2日10時より、Cross-cultural Communication and Negotiation のクラスにゲストレクチャーとして本学から堀教授のレクチャー”What is a ‘good’company?”、明治大学から武田教授のレクチャー”Japan’s Lifetime Employment Practice”を受けました。

堀先生のレクチャーでは、まず日本には380を超える中小企業があり、それぞれに違った経営理念や方針があることを話され、あのトヨタが学んだと言われる塚越寛代表取締役の「伊那食品工業」の年輪経営について紹介されました。ヒットに背を向け、永続を目指し、利益を社員の働く環境のため使うという独特なやり方で今日まで売り上げを伸ばし続けている。そんな、いい会社を目指す会社が日本にあるということ堀先生は話されました。日本人の私でさえ、わからないことだらけですごく興味深く勉強できました。個人的に、堀先生のこと慶応卒の教授というくらいのことしか知らなかったので、先生の経歴なども知れてすごく良かったです。

武田先生は、日本の終身雇用制度についてプレゼンされ、めっちゃマクロ経済の数字や数式が出てきて、正直難しくて混乱しましたが、今日本が抱える将来の大きな問題として考えさせられました。個人的に終身雇用制度のある会社で働きたいと思わないし、終身雇用制度を取り入れる会社を築きたいとも思わない。どっちかというと反対派?ですが、これから私たちの世代が少子高齢化社会の中で抱える問題としてクラスメイトとディスカッションができ、外国人学生の意見も聞けて、すごく良かったです。

お二方のレクチャーを受け、また長岡課長、中村さんとも再会し、自分ももっと皆さんのようにかっこいい大人になりたいと感じました。英語を完全ツール化し、日本の代表として海外の人へ日本の現状や、歴史を語れるそんな大人はかっこいい。周りは皆修士課程だからって言い訳なんかしてられない、学士課程だとしてももう21歳の成人。気合い入れてやるしかない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。