【俳句・短歌】【Haiku and Tanka】

Scroll down to content

 

11月29日火曜日

今日はお昼から直子さんのクラスのお手伝い。学生のどら焼き作りを見学させていただきました。この前直子さんからいただいたどら焼きもかなり美味しかったけど、学生が作るどら焼きもめっちゃ美味しかった。あんこをこっちだけの材料で作れることに感動。ただ、皮には重曹がマストであることがわかりました。みんなでドラえもん見たりしてちょっと盛り上がった。

そして街の図書館へ移動し、直子さんの日本イベントに参加させていただきました。フィンランドの方々に日本の文化を伝えるイベントで、そして俳句、短歌を紹介し、実際に作成してみようという感じのイベントでした。直子さん、直子さんの生徒二人に僕らVIBE学生もお気に入りの俳句、または短歌を紹介しました。

俳句といえば、で一番最初に浮かぶのは松尾芭蕉ではなく、小林一茶でもなく、加賀千代女ということで僕は、「あさがおや つるべとられて もらい水」を紹介しました。小学校か中学の時、地元の千代女俳句館みたいなところで働く人らがクラスに来て、めっちゃこの俳句を紹介して来た記憶があるので、僕にとって俳句っていったら加賀千代女です。同じ土地出身の俳人として紹介できたことをすごく誇りに思いました。そして、短歌は新渡戸稲造が歌った、「見ん人の ためにはあらで 奥山に おのが誠を 咲く桜かな」を紹介できました。正直、こんな短歌があるなんて知らなかったし、ちょっと新渡戸稲造を勉強した俺からするとめっちゃ、「あぁぁ」って感じで共感できて、本当この短歌かっこいいなって思った。誰にも見られず、山奥にひっそり咲く桜こそが、真の桜かもしれない。っていう自分なりに、新渡戸稲造の説明と合わせて説明できてよかった。参加してくださった方々は皆結構年配の方々で、今までこの年代の方々と関わる機会が全くなかったので、すごく楽しかった。隣にいたおばちゃんはフィンランド語が話せず、スウェーデン語と英語を話す方だったので英語で色々話せました。イベントが終わったら、あるおっちゃんからサインを求められて、めっちゃ焦った(笑)。サインなんてないし、Masashi Uminoってめっちゃシンプルに書きました。でもほんのちょっと嬉しかった。きっと俳句や短歌の面白さが心に伝わったのだと、思います。

On November 29th Tuesday/Kahdeskymmenesyhdeksäs marraskuu tiistaina puolipilvistä

I went to Naoko-san’s class and supported her and the students, and looked that they were cooking Dorayaki. Last time, I got to eat Dorayaki which Naoko-san tried to cook and it was so great, but also Dorayaki which made by students were also very nice! It was quite impressive that we can make Anko here as well. Now I know it must be baking soda for making Dorayaki. We also had fun with watching Doraemon.

 After that, we moved to the city librery and had an Naoko-san’s Japanese event. It was an event like we would share our Japanese culture to people in Kuopio and let’s create own Haiku or Tanka. Also, Naoko-san’s students introduced their famous Haiku or Tanka then. Same as that, we VIBE students also shared our famous them as well. 

For my point of Haiku, it’s definitely Kaganochiyojo, not Basho or Issa, so that I shared “Asagaoya Tsurubetorarete Moraimizu”. I really remember that people who work at something Haiku place in my city came our school and introduced about Kagsnochiyojo because she was born there and grew up too. I was so honer that I could share about her as a same town person. Also, I shared the Tanka which was sung by Inazou Nitobe “Minhitono Tamedehaarade Okuyamani Onogamakotono Sakusakurakana”. To be honest, I didn’t know this Tanka before I searched it. However, because I studied  him a little bit, I totally could feel like “Yeah” and understood well, then I really loved this one. The sakura which is at quite far away in mountain might be genuine one, which I explained to people by myself and it was so cool. In addition, people who were attending there were not students, they were totally local people, I was so glad that I could meet them because there was no chance to meet and talk them in my life here. The lady who was next to me was not able to speak Finnish so we talked in English, she was so kind and interested in Japanese. It was so surprising that one guy required my sign and it was so pleasured and first time n my life. I just gave him my simple name, Masashi Umino. I wish our culture could reach to their heart.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。