金沢で純也さんの後輩にボコボコにされた。
夏目ホルモンファクトリーの後継者である、夏目さんにボコボコにされて、
目標も人生もブレブレな自分を見ることができ、昨日杉山の姿を見て、
彼こそが改革者やなと。
僕の場合、チャンスがありすぎて、あれもこれもって手を出し、
いしり亭のインターン生であってもその先に、上に目標があるはずなのに、
それを探しにきている時点で、明能さんや竜太さんに自分の人生を任せてしまっている。
悪く言えば、いしり亭のインターンでうまくいかなかったら、
誰かのせいにできる環境にいるから、今まで資産を積み上げてきた家族に守られ、
僕はハングリーだと思われたくて、
人の幸せをどうのこうのって言ってるけど結局家の金で今、
その人を幸せにするという夢を実現しようとしている。
もう、辞める。
家業イノベーションキャンプで家族と向き合いたい、家業を乗っ取ると宣言したけど、
全くその目標に対して働きかけをできていない自分がクソだった。
孫として扱われるから今は何もできないと家族を言い訳にして、
大学院とか、就職とか、この前キリンのプロジェクトに携わる機会があったから、
キリンに就職してみようかなとか、そんな考え一旦置いておいて、
家業を立て直して白山市長になるという目標、家業を立て直すためのステップとして今、
いしり亭でいしりを売るための社内改革をやっている、その経験を元に、
山で漬物作って売ってそのお金を建設会社の負債と孫のお小遣いにあててる70歳の祖母、
今まで道を作ってきて会社が倒産して今は友人の畑で無農薬の野菜を作っとる75歳の祖父、
この人たちが死んだら自分が変わるだろうと、
その時はいずれやってくるだろうけど、もしかしたら、
その時を迎える前に僕が死ぬという可能性もある、
「」の海野将志ですと、もう言えるはず、
その「」に入る言葉は出ているはずなのに、
それから逃げているだけ。
振り返ってみればいしり亭のインターンをやりたいと思ったのは、
おばちゃん達が頑張っている店舗を俺がなんとかしたい!と思って来たのに、
できたことは、明能さんが考えたシフト制と水曜日営業だけ、
僕は何もできていない。明能さんが考えたからという言い訳逃れができるから。
でもそれは僕がいなくてもやろうとすればできることやと思う。
待つのも、言い訳するのも辞める。
高校時代のときは「星稜に勝つ」という目標があったからハングリーにやってた。
目標がなくなったから次の目標を探しに東京に出て、
アメリカ行ってフィンランド行って能登に来て、
探してるようで待ってるだけの自分に気づかされ、
それを否定され。否定されるのも待ってた。
そして否定された。今、白山市から僕は守られている。
白山市が僕を、市民を守るそのために生きるという生き様、
死に様を求めることが僕のしたいこと。
明日、家業イノベーションliveがある。
この沸点に達した状態でファクトリエの山田さんに会えることを楽しみにしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。